ワンダフル・フィッシング いちだ

〒770-0003 徳島市北田宮2丁目2-1
tel 088-637-0055 営業時間/AM9:00~PM8:00

がま磯 マスターモデルⅡ 尾長 入荷

がまかつ
がま磯 マスターモデルⅡ 尾長 入荷

数々の大物を仕留めてきた“強者”へ。

極胴調子が強烈な個性を放つ―

最大の特徴は超細身のブランクスが生み出す柔軟な粘りにあり、“がま磯”シリーズで最も胴調子(極胴調子)に仕上がっています。 穂先と♯2を少し強めに、♯3~元竿までは超細身かつ柔軟に設定。

 

がま磯の歴史を継承しながら、最新の装備を搭載―

前作のマスターモデル尾長で細身肉厚設計のためにセパレートグリップを採用し、スーパーアクティブサスデザインを搭載したのがアテンダーIIでした。
ここからさらに飛躍するきっかけとなったのが、PCSとT1100Gとの融合です。
ネジレに弱いという細身設計の弱点を、PCSによるネジレの抑制で見事に克服。
強い負荷がかかった際でも竿がブレることなく魚の引きを受け止めながら美しくあしらうことを可能にしました。
また、胴調子の竿にありがちなダルい振り感も、T1100Gカーボンを使用することで竿ダレが少なく、比較的操作しやすい竿に仕上がっています。そして何より、T1100Gの最強の強度によって限界まで細身にすることが可能となり、非常に粘り強い調子に仕上がりました。
リールシートは全機種スクリューシートを採用。リールをがっちりと固定できます。
手に触れるフード部分はゴム素材を採用し、滑りにくくしっかりと握れます。

 

こだわりはデザインにおいても―

強烈な個性を放つマスターモデルオリジナルデザイン。

尾長は黒潮の効いたディープブルーをそれぞれイメージカラーとし、細部にまで使いやすさと装飾にこだわった、まさにマスターモデルにふさわしい仕上がりです。

 

■Mタイプ

尾長調子で1.5 号を作ったというイメージの竿。従来がま磯は、尾長調子は1.75 号からでしたが、1.5 号クラスの硬さに尾長調子の粘りと強度をプラス。細身の見た目からは想像できないような芯の強さを持っています。「口太グレに交じって40cm~ 40cm 後半の尾長グレが喰ってくる」という状況に最適です。特大尾長が出る限られた磯を除けば、尾長が釣れる場所の多くがこういった状況ですので多くの磯で活躍できる竿です。

 

■MHタイプ

50cmオーバーの尾長グレを狙うのに最適。50cmを超えた尾長は想像を絶する強烈な引きをみせますが、PCSとT1100Gを搭載した粘強ブランクスが竿ブレを抑えつつ引きを吸収し、じわりじわりと浮かせます。

 

■Hタイプ

60cmクラスの巨グレを狙える強力な一振り。硬さではなく、粘りで強度を出しているので、一番対応が難しい「巨グレの最初の突進」を受け止めることができます。そして胴に乗せて曲げるようなやりとりをすることによって、走らせないように弱らせることができます。

 

●メーカー希望本体価格

 M-50:123,500円(税別)  M-53:125,000円(税別)  

 MH-50:125,500円税別  MH-53:127,000円(税別)

 H-50:127,500円税別   H-53:129,000円(税別)

戻る